人生設計と家の設計って大切です

私の住む家は親の建てた一軒家なのですが、家の設計は父親のしたものらしいのです。
家族全員分の部屋+祖父、祖母のための部屋とゆうことで6部屋あります。
しかしよくよく考えてみると2人兄弟で父と母・・・家族だけで4部屋使うのにリビング込みで6部屋の家です。
そして今度は祖父と祖母はこの家に住まないことになり2人のための和室が余りました。
とゆうことで私と兄弟は祖父と祖母のための和室の部屋をももらうことになりましたが、その2部屋はふすまで仕切られた大き目の1部屋のような作りで入口は一つしかないので兄弟の部屋を通過して自分の部屋へ入らなければならずとても不便。

そして和室とゆうことで障子がついているものの西日がとても眩しく障子の上からカーテンをつける始末。
なんとも和室らしさのない統一感のない部屋の完成です。
そして和室の片方には押し入れがありますが私の部屋には無いので収納にもとても困るのです。なぜこんな作りにしたのかと親に聞いてみると「お前の部屋は寝室になる予定だったから収納なんていらなかった」とのこと。
そういうことか!と一時は納得した物の「布団はどこにしまうんだ?」なんて疑問点は沢山出てきます。和室で大きい障子もあってふすまで仕切られているだけの部屋には収納方法がなく小窓まで設けられているので棚で塞いでしまうのも・・・。とどうにも解決できないままふすまのところに大量の洋服がのれんのように掛かっています。

最初から祖父と祖母の意見をしっかりきいておけば・・・。
なんて思ってしまいますがこれは中々父親には言えません。家は一生物の買い物なので私の時は計画的に失敗しないように気をつけたいです。


Leave a Reply

Your email address will not be published.